読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人カードはオリコカードかアメックスゴールドか?末締めがポイント!

法人カードは末締めが計算しやすい!オリコエグゼクティブやセゾンプラチナなど銀行系やVISA系などを考える!

法人カードは月末締めのカードが良い!?経理処理の計算に便利!

f:id:fpcreca:20160828113157j:plain

管理人が法人カードを持っていることは説明しましたね。法人カードは経理の支払いにすごく便利なんですね。また支払いを先延ばしにできるというのも会社経営者にとってはかなりのメリットになります。

 

カードでまだ支払いしていない分の経理処理は未払金

ちょっと専門的なお話になりますが、カードの未清算金は未払金という項目に該当します。日本の会計は管理会計と言いまして、発生主義ベースで行うことが決まっています。ではどうして日本がこの発生主義を用いてるからというと、早くに税金を納めてもらうことが可能になるからなんですね。

 

では発生主義というのはどういうものなのでしょうか?発生主義というのは、まだお金を支払いしていなかったとしても、また、まだお金を受け取っていないにしても、その行為が行われた時点を基準にする方式のことを言います。

 

一例を挙げて説明しましょう。例えば、12月決算の会社があったとします。通常12月までの商行為において経理処理をしていくのですが、12月に自動車に乗ってETCカードを使ったとします。本題の通りに月末締め翌月払いであれば1月27日に支払いすることになります。

 

12月5日にETC利用→1月27日の支払い

 

こんな時はどう考えるのかというと、先ほどお話しました管理会計の話になるのです。12月に利用しているものはその年度に使ったものだから、その年の経理処理をしなさいということになるのです。これは逆の場合もそういうことになります。

 

例えば居酒屋さんで考えたら分かりやすいですかね。12月15日にお客さんがカードで支払いしたとします。この時点で売り上げは発生していますね。しかし居酒屋さんにカード会社から入金されるのは1月15日だとします。

 

実際に入金されたのは1月であったとしても、それは12月の売り上げとして経理処理をすることになるのです。よって実際にはお金が入っていなかったとしても税金を支払わなければならないことも世の中にはあるのですね。ちなみにこの経理の項目は「売掛金」とか「未収入金」と呼ばれるものになります。

 

月末締めだと経理処理を簡素化できる

という前提がありますので、月末締めのカードであれば、支払いする日が1月27日のカード分に関しては全て前年の経理処理をすればいい、ということになるので楽になりますね。

 

 ではどんなカードがあるのか見ていきましょうか。銀行系カード会社は無理なんですよね〜

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ

管理人も持っている「オリコ EX Gold for Biz」は月末締め、翌月27日払いのカードですね。年会費も2000円(税抜き)で格安ですので、負担も小さいことが人気ですね。それと一応ゴールドカードなので利用額が大きくとれるところもいいですね。

 

 

セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード(長い!)も、月末締めなカードですね。こちらは月末締め翌月27日払いではなく、さらに支払い時期が先の「翌々月4日払い」という経営者にはありがたい支払い設定になっていますので、売掛け金の多い会社さんなどにはかなり重宝するカードとなります。

 

 

年会費はプラチナの割には安い21600円で、サービス内容もそれなりのプラチナカードとして十分使える内容ですね。管理人もこのカードを持つことを検討しているくらいですので、いいカードだと思いますよ!これをメインの法人カードで利用するのもありだと思います。

 

どこで作れば良いのか?

ではその法人カードはどこで作れば良いかですが、やはりここでも自己アフィリをお勧めいたします。セゾンプラチナならポイントタウンがいいですね。

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

 

 こちらで入れば、9350円のキャッシュバックもあってかなりのメリットがありますよ!